展示会の基本


何に重点を置くべきか

結論から言うと、商品展示が最優先・最重要です。
もちろん、成果は複合的な策の結果が重なって得られるので、招待・広告・ブース装飾なども重要に決まっていますが、限りある労力と資金の重点をどこにおくかという観点でのお話しです。
ブース装飾を仕事とする方からお叱りを受けそうですが、極論をあえて言うと「容れ物」にお金をいくらかけても、印象に残るアピールができる中身=商品展示がなければお客様は見込み客化しません。
もし、ブース装飾に惹かれて入ったとして、これといった商品展示がないブースはすぐに飽きて去ってしまいます。
逆に中身である商品展示を重視したブースは、お客様が滞留しやすいブースになるため、人が人を呼ぶブースになります。
ブースの装飾にお金をかけて豪華絢爛どうだすごいだろうというようなブースを出展企業は好む傾向にありますが、それだけでは展示会出展が失敗することは火を見るより明らかです。
事実、展示会に派手なブースで出展したが成果がほとんどなくて、今年はやめることになったなど企業担当者から時々お聞きします。
もちろん、出展目的が知名度やブランド向上ということならばそれでも良いということになりますが、自社商品を展示会で売りたい・見込み客を多くつかみたいということであれば商品展示に力を入れましょう。
見込み客化に最も貢献する手段が「商品展示」だからです。
極論すれば、ブースは説明パネルを壁に掛けただけでも、商品展示品と演出が素晴らしければお客様は見込み客化しやすくなります。
逆はお客様がブースに入ってもすぐに去ってしまい、見込み客化する間もありません。
展示会の担当者は絶対その点を忘れないようにしましょう。
何のために出展するのかをよく考えて展示会準備を行ってください。
不安があるなら、専門業者やコンサルに相談することをお勧めします。







デモ展示 展示品のコツ デモ展示で集客力アップ 展示会の基本
ページの先頭へ戻る
目次